2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔鼓童〕
『鼓童』

というアーティスト(といっていいでしょう)をご存知ですか?

<こどう>と読みます。佐渡島を拠点に世界と日本を回る和太鼓グループです。
昨日米子で公演があって行ってきました!

元々和太鼓はかっこいいなぁと思っていたんですが、この鼓童の演奏はそんな軽い憧れを吹き飛ばすくらい、ものすごいものでした。

大の男が力ずくでたたく姿は、やっぱ男にはかなわないなぁーと思わされてしまいます。

一番すごい!と思ったのは、島根の石見神楽(いわみかぐら)をモチーフにした『神祇(じんぎ)の太鼓』という演目で、見た目は宮太鼓1台に2人の打ち手だけのシンプルな演目でした。
導入はそう激しくないんですが、2人の打ち合いが佳境に入ってくる所の迫力と打ち方の華麗さ、力強さの持続、リズムの正確さ、巧みの技っていうんでしょうか、すごかったです。それも、打ち手がぴちぴちの若手ではなくおじさん(ゴメンチャイ!)2人だったので、「あのおっちゃん、やるなぁ!」と唸ってしまいました。

フィナーレは、大太鼓がメインの演目で、客を背にしてふんどし一丁の打ち手が激しく打つものだったのですが、その打ち手の背中の筋肉の美しいことといったら!そして散々激しく大太鼓を打ち終わったと思ったら、そのまま別の太鼓に移動。ええーーー?まだ叩くの?大丈夫~~?って観客はみんな思ったはずです。その太鼓は座って叩く方式のもので、その人が叩くまですこし時間があったのですが、息を整えるのにすごい集中していました。そしてその人(背中の美しい人ね)はなんと神祇の太鼓を叩いていたおっちゃんだったのです~~~!(後姿だったので顔は見えなかった)

そしてその座って叩く方式の太鼓は、足を伸ばしてちょっとだけ太鼓を置いている台に足をかけるのですが、上半身は大きく後ろに反って、腹筋トレーニングの途中みたいな格好で打つのです。おっちゃんは必死の形相で叩いていました。

おっちゃんが倒れやしないかとハラハラしながら見ていました。しかしあれを見ると、若いものは彼をまだまだ追い越せないなーと思ったのと同時に、軽々しく「和太鼓を叩いてみたい」などと言えなくなっちゃいました^^

***

鼓童は全国をツアーで回っています。山陰公演は残念ながら今年は終わってしまいましたが、また機会があれば是非みなさんにお勧めしたいです!
和太鼓は耳だけでなくお腹や心臓にまで音が伝わってきます。加えてビジュアル的にも迫力満点で満足できる『鼓童』の演奏、是非体験してみてください★

そして最後に。。。おっちゃんおっちゃんと言っていた打ち手さん、HPで確認したら、あたしと大差ない年齢(思ったより若かった!)でした~~!ゴメンね、おっちゃん♪

鼓童HP→http://www.kodo.or.jp/
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

和太鼓は良いよね
音が体に迫ってくるものね
僕は神楽の太鼓叩いてるけど
気持良いよ 同じリズムの繰り返しだけどね
鼓童は世界的にもいろんな所行って
演奏してるものね
僕はまだ聞いたことないけど
迫力あるみたいだね
ビーバーさん、太鼓叩いてるんですかー! いいですねぇ★
鼓童は、エンターテイメントとしてすごいと思いますよ。
機会があれば是非!!
広島には昔からの祭の太鼓を
継承してる保存会有るけど
それも結構楽しめるよ うちの近くの
人が行ってるけどね

僕は太鼓も 横笛も吹いてるよ
子供にも教えてるよ
昔の文化も残したいね
プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。