2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔地元愛~《山陰》という括り~〕
私の“地元”というと≪山陰≫と言うのが一番しっくりくるのです。それはなぜか。

実は生まれは山陰ではありません。おとうの仕事が当時九州拠点だったので福岡県生まれです。
それからほどなく両親のふるさとである山陰に引っ越しまして、それこそ鳥取県西部と島根県東部をうろうろしております。(あ、親はおとうの生家に根をおろしましたが^^)

という訳で、どちらかに偏ることがなく鳥取県西部と島根県東部に愛着を持っているのです。

***

んで今、私が愛着を持っているその鳥取県西部から島根県東部の5市が観光でタッグを組むことになりました。
鳥取県米子市、境港市、島根県松江市、安来市の4市で『中海(なかうみ)4市』で今までやってきてたんですが、山陰観光の横綱・出雲を外しては話にならないということで『中海・宍道湖5市』という括りで、プラス鳥取県の大山を抱える大山町など郡部をオブザーバーに置き、圏域60万人を超す、日本海側では新潟市に次ぐ2番目の圏域人口となりました。(ちょっと苦言を言わせてもらうと、この郡部は本当は平成の大合併で米子市に編入されるべきだったと個人的には思うんです。もっと言えば境港市も。だがしかし、米子市があまりにもリーダーシップを取れないので現在に至るといった所です・・・。)

この5市のうち、出雲は私の庭とは呼べないのですが、その他4市はマッキーにとって庭と言っても過言ではございませんッ!!
まず米子市と松江市は実際在住&就労経験がございますので(現在も含む)、本当に庭です。んで、安来市はおかんの実家がありますのでまぁ庭と言ってもいいでしょう(合併する前の郡部地区はイマイチ庭とまでは呼べないですが)。 そんで境港市は就労経験がございますのでこれも庭です。

なので、この県を越えた観光の取り組みは個人的に非常にうれしく思っています!!
このエリアには紹介したい場所がわんさかあるのですッっ!



一番のネックはずばり(というより誰でも問題視しているが)交通の足がない、ということ。
まず鉄道はそれぞれの市にはいけるが、そこから名所にまではとどいていない。おまけに本数が少なく効率的な観光がしにくいのが現状です。
現状で充実した山陰観光がしたいならばレンタカーで廻るのがかしこいでしょう。
しかしこれはある程度山陰の地理をわかっている中級以上の技かなとも思います。
そうなると残るはバスです。
数年前から増えては来ていますが、まだまだ充実とまではいっていないのが各観光地を結ぶバス路線です。
特に県をまたぐのが難しいようですが、境港駅から松江駅は定期で出ています。

しかし観光地は駅ではないので(境港は駅から観光地ですが^^)そこからが問題です。
例えば松江で人気の『八重垣神社』ですが駅からは遠く、路線バスがあるとは思いますが1時間に何本も出ていないと思います。安来にある『足立美術館』も人気ですが駅から遠いです。安来駅や米子駅から無料バスが出ていると思いますが、例えば、

<出雲縁結び空港に着いて出雲大社にお参りして八重垣神社にお参りし足立美術館に行ってから玉造温泉に宿泊。次の日は水木しげるロードに行ってから鮮魚を買って帰りたい>
という要望があったとします。

公共乗り物が各路線ないわけではないけど、非常に複雑なつなぎになります。
そこで地元民が提案する観光ルート!というのがあればいいと思いません? まず、次の日水木しげるロードに行くならば玉造温泉よりも米子の皆生温泉のほうが効率的だよとか。行きと帰りの飛行場が違ってもいいなら帰りは米子鬼太郎空港とか、時間がゆるせば鳥取市の鳥取砂丘を見てから鳥取空港で帰るとか。(ちなみに境港には韓国からのフェリーが着くし航空便もあるが、ここから鳥取砂丘に行くのも直通バスなく、特に韓国からの旅行者にとっては残念な点。韓国人は山と砂丘が大好き!)

できるだけご要望に答えつつ、こんな観光もあるよと提案できたらいいですね~。そのためにもバスの充実を切に願います。駅までではなく人気観光地までなるべく乗り換えなしの。
そうなれば、お勧めしたい山陰のスポットは山ほどありますよ!!!^^^^





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

観光パンフ。
マッキーさんの地元でも、もう取り組んでるかもしれないけど、
沖縄の石垣島では、空港に着くと、何十ページかの無料の観光パンフレットが置いてあって、
地図に観光スポットや駐車場情報だけでなく、レンタカー屋さん、
おいしい料理店、お土産物屋さん、飲み屋さん情報なども
とても詳細に載ってるから、初めて訪れる人でも、すぐにわかりやすく
観光できるようになってるんだよね。

観光案内所やバスターミナルに行っても、
日帰りや半日で観光地を回れるツアーがいくつも設定してあるし、
さすが観光の島、よく考えて頑張ってるなぁ、と、いつも思うんだ。

それぞれのお店が、少しずつお金を出し合って、
パンフレットを印刷してるんじゃないかな。

なんにせよ、地元のみんなでどんどんアイデアを出し合って、
盛り上げて行けるといいね(^^)
>りうさん
来てくださる人の立場や気持ちになって便利なものを用意するっていうのが、おもてなしだよね~~~。

多分各市町村にはもちろん観光パンフはあるんだろうけど、これ一冊で全部わかります!みたいなのはないかも・・・。それと、山陰をひとつとして考えたパンフはないだろうな~。

なんだかんだ言って島根と鳥取は仲が悪いから^^
もう市民レベルでおもてなしを考えて実行していくのが一番かもね!!
プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。