2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔島根と鳥取のパワースポット?〕
以前もご紹介しましたが、来年は古事記編纂1300年ということで、特に島根県は神話博をはじめとした取り組みを行っています。

それとは別ルートの盛り上がりなのでしょうか、出雲を中心としたパワースポット巡りの観光客がここ数年非常に増えています。

出雲大社は不動の横綱で、次いで八重垣神社・須佐神社・玉作湯神社が王道のようです。鳥取県は白兎神社が人気らしいです^^ 観光雑誌を立ち読みしてもこれらを紹介していない本はないといっても過言ではないです。


さて、パワースポットとはなんぞや?ってことですよ、奥さん^^
あたしゃ~いわゆる霊感のようなものがひとっつも感じられないので、残念ながらその判断が出来ません。なので、なんとなーくこの神社や場所は好きだな、という感覚を頼るしかありませんッ!

私のその《なんとな~く好き》な神社は、「神魂(かもす)神社」(松江市)、「大神山(おおがみやま)神社」(大山町)、「熊野大社」(松江市)、「佐太(さた)神社」(松江市)で、今まで何度かお参りさせてもらっています。 一度しかお参りしていないけど、また行きたい神社は「須佐神社」(出雲市)、「韓竈(からかま)神社」(出雲市)など。

一度も参っていないけど、是非参りたい神社が数社あり。その時はまたご報告します★

DSC01710.jpg
写真は「韓竈(からかま)神社」。 なんか気になったショットなのですが、この時、見える人には見えていた?! らしいです・・・。 怖い方ではないですよ^^ 神々しい方らしいです♪

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

パワースポット堅洲国情報
 安来の十神山はオノゴロ島として古代人たちには崇められていたそうですね。
>油屋さま^^
書き込みありがとーございます☆
安来には色々古事記ゆかりの地がありますね!
実は私、まだ安来のそれらに行った事がなくて。。。
十神山も含めて、これから仲間と安来散策を計画するつもりです! 情報ありがとうございました^^
また教えてくださいね♪
安来ですか
 安来は古事記では根之堅洲国というところでスサノオの活躍地ですね。正確には十神島根之堅洲国となりますが長いので古事記では省略されています。
 この省略された、十神島というのは出雲国風土記では砥神島という陸繋島であったであろう現在の安来市の十神山です。この島は安来市のシンボルと見いわれ、きれいな円錐形をした小山ですが、古代の人たちの崇敬の島だったらしいです。この十神というのはイザナギ・イザナミを含むそれ以前の時代を、
神世といってその後の神代の時代と分けて表現されますが、神世七代には十の神がおりそれからつけられた神聖な島だったのだと思われます。ここがオノゴロ(淤能碁呂)島と考えると、近くにイザナミの神陵地もあることから合理的なのではと思われます。
>古事記研究家さま
書き込みありがとーございます^^
そうか!安来が根の堅洲国だったんですね。黄泉の国が東出雲だとすると、お隣だしすごく納得です!

それよりも、古代の人々の崇敬の島というのがもっと興味をそそられますね~。
是非十神山に行って見たいです!!
また情報よろしくお願いします^^
プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。