2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔災害ボランティア体験記⑧~ボランティア仲間~〕
私は今回あるNGO団体のボランティアに参加した(HPはこちら)。他の活動と比較はできないが、非常に感心したし感謝した。説明会の開催や現地までのバスの手配等はもちろんだが、特に現地での調整力。社会福祉協議会が災害ボランティアセンターというのを作っているのでそれにしたがっているのだろうが、今までのボランティアがきちんと活動してきたからこそ地元からも信用されたのだろうから。その指揮と調整をしている残留ボランティアの皆さんには頭が下がる。私たちを指揮してくれたKさん(34)は第5陣で来てそのまま活動し続けるボランティアだった。ピースボートの職員ではない。Kさんは「最後までいる」と言っていた。

また第10陣バス2号車34名は、同じ宿で寝起きとご飯を共にした仲間だったが、非常に気持ちいい人ばかりだった。特に女性8名とは寝る前などたくさんおしゃべりをして笑って過ごせた。60歳前後の女大先輩が3名もいて、アラフォーとしては大変心強かった。20代とアラサーの女子3人も台風の時UNOに混ぜてくれたり楽しく話ができた。大阪のDちゃんとはいつも一緒に行動し、関西の厳しい突っ込みもされながら仲良く過ごした。同じ班のおじ様たちからは食事時にお湯を沸かしてもらったりおかずをもらったりしてDちゃんと2人優遇されたし、活動時ももちろん力仕事を助けてもらった。33歳のKくんは途中からトラック部隊に貸し出しとなった(力仕事なので)が、それまで土嚢袋の縛り方を教えてくれたりしたし、食事時はコーヒーを入れてくれた(入れさせたとも言う)。

他の班の男性陣もいい人ばかりだった。全員と話したわけではないが、台風で活動できない時に自己紹介を全員でしたし、最終日の夜も感想を全員言ったので、なんとなくだが連帯感というか仲間意識というかそういうのが(私は)生まれた。最終日の感想を言った中で、特に60代のほかの班のおじさまが「今回参加して思ったのは、若者の力はすばらしいということです。」と言ったことに非常に感動してしまった。20代(10代もいたのかな?)の大学生から30代40代の男性陣はやはり元気で行動力やあり、60代のおじ様方は地道にもくもくと力仕事をこなすという、いい連携だなぁと勝手に思ってしまった。

34名のうち、4人が引き続きボランティアをするため残留した。他にも2回目・3回目の参加という人もいた。勇気を出して初参加もえらいが、継続して参加する人は本当にすごいなと思った。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。