2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔災害ボランティア体験記⑤~依頼者宅の片付け・泥だし~〕
6日目は、今回私達バス2号車34名と私達を世話してくれている居残りボランティア数名とが宿泊させてもらっている料亭の1階部分の掃除だった。1名は専任で消毒としてまかれた石灰の掃除で、残りのものは食器庫の整理だった。ワイヤーネットの大きな棚が傾いたままで、その下は落ちてきた食器と泥とで手付かずだった。女将さんはとにかくまずワイヤー棚を出してとなりの部屋にそれを置き、そこへ食器をある程度整理しておいていってほしいとのことだった。食器の洗浄は後でまとめてやるからとのことだった。

下にぐちゃぐちゃになっている皿や泥は相当あり、これらを片付けないと棚が出ない状況(ヘタに出そうとすると奥にたまっている食器が崩れてくる可能性あり)だったが、4名いるのでなんとかなるかなと最初は思った。が、もちろん割れている皿もあり、さらに少しずつ整理していくと思った以上にヘドロがまだ溜まっていた。ヘドロを土嚢袋に入れて何袋か出してまた食器を発掘していく(発掘作業に似ている!食器庫は薄暗くまたもやヘッドライトの出番あり。)作業が続いた。ヘドロはご丁寧にも皿一枚一枚にたんまり溜まっているので、水洗いはできないがこそぎ落として種類ごとに整理していった。この日はとうとう棚が出せなかった。

7日目、最終日もこの料亭をやらせてもらった。5名がかりで取り組んだが、午前中もまだ棚が出なかった。私はくやしくて申し訳なくて、昼ごはんが終わってそろそろ取り掛かるかといった時に「あー、棚をどうしても出したいなー」と言ったら、Hさんが「よし。出そう」と言ってくれた。「え、出せそうですか?」と言ったら「大分下の食器も整理したので、もう大丈夫。下の食器を整理してからと思ってたが、女将さんの要望は棚を出すことだったもんな。」と。午後一番で男性陣に棚を出してもらい、後は時間が来るまでひたすら泥だしと食器の発掘を行った。が、やはり食器庫の完全整理とはいかず、タイムオーバーとなった。女将さんも2日間あれば整理できるだろうと思っていたのか、ここまででしたと言った時「・・・まだまだ泥があったんですねー・・」と言われた。でも棚が出せたことは喜んでくれた。
  
そして私達の班はこの日洗い場担当となっていたので、早めに洗い場へ向かった。洗い場とは、作業で汚れた器具やヤッケについた泥を高圧洗浄器で洗う場所で、毎日交代で行っていた。結構これが気持ちよい(!)のだが、全班の器具を洗い終わり、溜まった水をワイパーで溝に落とすまでやらなければならず、私はここで日焼けしたものと思われる。(1時間以上すっぴんで作業!)。またこの日は暑かったので、バケツにくんだ水で顔を洗うもの、髪の毛をあらうものが続出!私も初めて石鹸で顔を洗った。肌がぼこぼこしていてびっくりした。

こうしてボランティアとしての作業はすべて終わった。

(ボランティア体験記はまだまだ続きます(*^.^*))
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。