2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔古代出雲がおもしろいッ〕

ジャジャーン。
満を持して、とでも申しましょうか。 実はずっと前からこの話題にいきたかったんですよー。
しかしながら、この手の話は興味ない人がほとんどで、興味ある人は私なんかよりもずーっと詳しいし、なんとなく思い切って書けなかったんですよねー。

でもですね。最近島根の神社を巡る女子がぐーんと増えてるみたいで。パワースポットと縁結びという2大キーワードがありますからね!

そしてそして、来年は古事記編纂1300年となることを受けて、古事記の主な舞台となる出雲地方(というか山陰地方ですね^^)はさまざまなイベントを計画しております。奈良のせんと君並みの話題でもあればもっと盛り上がるかも!?!

そこでですね、ついにアタクシも古事記がらみの話題をここに書いていこうかとッ!!『山陰の日常』とかなんとか言ってるのに、最近全然山陰と関係ないしさ~σ(^◇^;)

*****

で、まず古事記(こじき)とはなんぞや?
日本最古の歴史書、かな、簡単に言えば。
時代は飛鳥。中王兄皇子らが大化の改新を進めてから、一気に中央集権化されていった日本。そうしないと大陸の大国・唐に太刀打ちできないとの判断です。で、天皇家の歴史をまとめたのが古事記。なぜ天皇家の歴史をまとめる必要が? それは国を治める長を神格化して、より中央集権を強固なものにする必要があったのでしょうね。当時は有力豪族が天皇家をしのぐ勢いで政治に介入したりしてましたし、朝鮮半島の国からも沢山移住して介入(というか入れ知恵?)してましたからね。

と、すごーーく硬い話になってしまいましたが、実際読むと(特に上巻の神話部分)物語としておもしろいッ!
神様達、妙に人間くさくて、子供っぽくて、ほほえましいのです^^

もうだから、古事記の神話部分はまず楽しんで読んでほしい! 子供向けの本でも十分だと思います。
そして興味を持ったら山陰に旅行に来て見てください! あのばかばかしいおもしろい話の舞台がわんさかあるんですッ! えー、あの話ってまるっきり作り話でもないの!?とドキドキすることまちがいなしッ!!


で、これからここでちょくちょく古代出雲関連の紹介をさせていただこうと思います^^

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。