2013/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔もののけ姫の舞台ってどこ?〕
宮﨑監督がついに引退ということで、あらためて作品に思いを馳せている方も多いのではないでしょうか。

かくゆう私も、勝手に自分順位をつけたりして^^

私の1位は『もののけ姫』なんです。多分1位という人は少ないんじゃないかな~。(ナウシカがやはり多いですね!)実は私、ナウシカ公開当時はまったく宮﨑監督って知らなかったし興味もなかったんです。安田成美が音痴に主題歌歌ってるなーくらいで^^

その後トトロや魔女の宅急便なども映画館には見に行かず、TVで知って好きになって、その後にナウシカもTVで確認しています。なので昔からのファンではないのですね~。

そして時は経ち、『もののけ姫』が満を持しての公開!のちに千と千尋に抜かれますが(タイタニックにも抜かれたっけ?)、当時は田舎の映画館でも行列ができる大ブーム! なんと宮﨑作品を映画館で初鑑賞したのはこの『もののけ姫』なんです! だから衝撃も大きかったですね。

***

さてそのもののけ姫ですが、時代は室町だということですよね。で、舞台は大きく言えば日本ですが、日本のどこと認知されてますか~? 私は読み物とかである程度知っていたのですが、先日友人と話していたら、案外知らないんだなと思い質問してみました^^

まずはっきりしているのは、アシタカが住んでいた地は東北で、蝦夷の王となる血筋です。蝦夷というのは中央集権に屈せず独自の世界を作っていた部族の一つです。しかし力は互角ではないので、隠れ住んでいたという方がいいかもしれません。いろいろあってアシタカは西に向かいます。

一方、乙事主様は九州に住む猪神でした。いろいろあって猪達は東に向かいました。

ということは、主な舞台は東北より西で九州より東ということになります。よく舞台は屋久島だと言われますが、屋久島は太古の森が今も残る地として背景や雰囲気が採用されたのであって、舞台設定は違います。

シシ神様が住む地は森の奥の奥といった風情です。日本は森だらけですのでどこと特定はできないかもしれませんが、私は中国地方だと信じています。

まず、エボシ御前率いるたたら場が近くにあるということ。たたら製鉄といえば中国山地の奥出雲(または奥日野)です。 それと、やはり山陰は神々の国であるからです。もしかしたら舞台は紀州かもしれませんが、ま、私はそう思うということで^^

で、現代の奥出雲をちょいと紹介。

吉田村
ここは島根県雲南市吉田町というたたら製鉄の本拠地だった場所です。この像はたたら製鉄の一場面だそうです^^
亀嵩駅
ここはさっきの吉田町とは離れていますが、やはり奥出雲にある亀嵩駅(かめだけえき)です。味があるでしょ??
ここは松本清張の『砂の器』の舞台の一つです。映画化された時もドラマ化された時もロケがあったそうです。駅では出雲そばを食せるという、ユニークな駅です。

ちょっと脈絡がなくなってきましたが、もののけ姫の舞台でもある奥出雲の紹介でした!!
スポンサーサイト
〔相続に関する個人的見解〕
昨日、嫡出子と非嫡出子で相続の比率が違う民法は憲法違反という判決が出された。

確かに。子供には何の責任も選択肢もなく、オトナの事情で生まれた自分の立場が、最初から否定されるような(または下に見られるような)ことがあってはならない。他国の常識を日本もやっと常識とするのかと少し安堵した。

が。
そもそも相続(主にお金や家ね)については嫡出子とか関係なく兄弟姉妹間で平等というのに、実は個人的に疑問視している。

***

実家はしがない漁村のどうということもない家なのだが(要するに家督を継ぐとかいうたいそうな家ではない)、父も祖父も曾祖父もその前も長男ということで家を継いできた、いわゆる本家というものだ。
ついに姉と私の代で終わってしまう申し訳ないこととなった。それはまあ置いといて。

祖父が執念で貯めた莫大でもない貯蓄は、父の兄弟4人でほぼ平等に分けた(らしい、よく知らないけど)。
父の姉は独身で亡くなり、結構あった遺産は兄弟3人で遠くの叔父のみ少なめで(亡くなった伯母とはずっと音信不通でしかも借金もしていたらしいので、そうなったらしい)父と末の叔父がほぼ半分ずつ。

祖父の遺産も伯母の遺産も私には関係なく金額はどうでもいいのだが、納得いかないことがある。
今後の法事と仏壇と墓の管理だ。

法事は田舎なので当然のようにうちの実家にみんな泊まる。まあ叔父たちにとっても実家だからね。でも世話をするのは母と私たちだ。田舎なのですぐスーパーがあるでもなく店屋物を取れるでもなく、食事は作るか車で出かけるしかない。布団は当然帰ったらシーツや肌布団は洗濯しなければならない。そのくらいしなさいよと思うのかもしれないが、叔父たちの嫁や子供は一切しなくていいという事実がある限り、納得がいかない。

法事は当然お寺さんへお願いし結構な支払いがあり、親戚への連絡や仕出しの手配などやることが沢山あり、高齢になってきた母に任せるわけにもいかず私たち姉妹が仕事を休むなりしないといけない。

墓や仏壇の管理といっても大したことないでしょと思うかもしれないが、これもまた叔父家族は全くしなくていいことを毎日するのである。

なんといっても何より重要視したいのは、祖父や祖母の晩年の面倒を見たのは長男の嫁である母のみであるということだ。祖母はアルツハイマーが発症して10年以上経って亡くなった。最期は手に負えなくなって病院のお世話になったが、長く母がお風呂に入れたりおむつを替えたりしていた。

祖父はボケなかったが足が悪く晩年はポータブルトイレで用を足していたのでその掃除もすべて母がした。92歳で亡くなったので、20年は母が食事やら病院への送り迎えやらしてきた。

叔父や叔母は年に1~2回里帰りはしていたが、その期間であっても祖父母のそういった世話は一切しなかった。自分たちの骨休めに帰ってきただけである。老人介護の上に親戚の宿泊のお世話ですよ、母は。

長男の嫁はそういうものよで済まされるのか、非常に疑問だ。そこへ来て遺産が平等???? おかしくないですか~? 代々の家をもらっているじゃないと言うならば、こんな田舎の家は熨斗を付けて差し上げるので、仏壇と墓と法事の管理をお願いしたいですよ。

***

叔父たちの常識に賭けてみようかと思ったが(親の世話をしてもらったので自分たちは遺産を放棄する等)、同じ兄弟なので同じだけもらうのは当然と思うのね、目の前に遺産があるとなると。

別に母はお金が欲しくてやってた訳ではないですよ。でもなんというか、報われないなぁと。祖父からの嫁いびりも相当だったし(長男の嫁というだけでそうなるんですよ。たまに帰ってきてやさしい言葉をかける次男三男の嫁の方がかわいくなるみたいね)、今頃になって叔父たちに感謝するって言葉で言われても、ねぇ。


私に男の兄弟がいなくて逆によかったかも。お嫁さんがかわいそうだし、まず嫁がこなかったかもね、こんなんじゃ。

(ちなみに遺産遺産と言いましたが、それで家が建てれるほどの額ではないですよ、もちろん。)
プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近のコメント
リンク
カテゴリー
きてくださった数v(^o^)v
最近のトラックバック
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。