FC2ブログ

Latest Entries

日本人横綱・稀勢の里 引退へ

いえ、特に稀勢の里が好きとかそういんじゃないんですけどね。
ここ10年以上、相撲界は日本人横綱が不在で、色々な不祥事も露出したこともあって人気は低迷。
そこへきての日本人横綱ということもあって、稀勢の里は相当な期待を背負っていたのは誰が見ても明白だった。
怪我がねぇ。中々にやっかいな怪我で、そのうちに横綱としての勢いや威圧感などが薄れてしまった、という感じだろうか。

稀勢の里関、お疲れ様。

*****

実は私、大相撲を拝見したことがない。
死ぬまでに見たいとは思っている。 それも、地方巡業とかじゃなく、できれば国技館で見たい。
ちなみに歌舞伎も同じように死ぬまでに見たいことのひとつだったが、歌舞伎座改築前の『海老蔵襲名披露歌舞伎』を見に行ったので満足。

で、なんで大相撲を見たいのかというと、やはり日本の国技であり伝統であるから、ということだろうか。
やはり見るからには日本人横綱が活躍している時がいいなとは思っている。 しかし、今後はちょっと難しいのかなぁとも。

私はアラフィフで、ずーっと相撲ファンかというとそうではなく、小さい頃に北の湖が活躍していたなーという頃からの認識で、一番のヒーローは千代の富士、若貴フィーバーからの外国人横綱へ(曙、朝青龍)という感じか。

お相撲さんに憧れた時代から、お相撲さんになりたい日本人が激減した時代。 まぁ不祥事が露出したり伝統や格式が重んじられる世界だったり、めんどくせえなというイメージがついちゃったんでしょうね。 しかしどのスポーツ界もパワハラが暴露され(アメフト、ボクシング、レスリング、新体操etc)めんどくさくないスポーツはないといっても過言ではないでしょうね。
めんどくさいのは我慢しなさいと言っているのではないけれど、めんどくささを飛び越えての魅力があるかないかが、各スポーツ界の人材確保のカギとなるのではないかと。

相撲というのはなんといってもその歴史の奥深さ。 それがめんどくさいんだよという人もいるかもしれないが、伝統を継承していくということはめんどくさいことなんですよ。
相撲(ちなみに『相撲』と『大相撲』は意味が違います)は神話にまでさかのぼります。その後神社などでの神事として受け継がれ、天覧相撲なども行われてきました。 現在の大相撲は、神事の部分も残しながらのスポーツ部分を特化させた競技、という感じでしょうか、簡単に言うと。
特に横綱には、スポーツとしての強さだけではない『心・技・体』の調和とか風格・品格が求められる。 これをめんどくさいとみるか、他の(世界の)どんな競技にもない素晴らしい部分とみるか。 

今の若い人はなにかと面倒なことは避ける傾向があり、もはや男女のお付き合いや結婚などもその対象となっている気がします。 が、私はあまり悲観していませんよ。 ま、こういう傾向が10年?20年? 続いたとしてもそこまで。 人間の歴史から見ると数十年なんてわずかなことだし、昔ながらのよいことはまた見直す人が必ず出てきます。 相撲ブームが来て、結婚・出産ブームが来て、もしかしたら一夫多妻制も復活するかも!? いや、男子がふがいないのは続くから一妻多夫制っつーのもありかもね? (少ない給料の夫が何人かいてなんとか家計を保つというw)

スポンサーサイト

(山陰の)神社や神事に来られる近年の参拝客さんの中には・・・

いや山陰の神社に限ったことではない話なんですが。。。

10月は神無月といいますが、出雲地方では神在月といいます。 旧暦の10月10日に全国の神々が出雲地方に集結するということから、出雲地方以外は神無月、なんですねー。 旧暦の10月10日は大体新暦の11月(時には12月に及ぶことも)になります。

で、ですねぇ。 出雲大社さんを中心に旧暦の10月10日から1週間は、神様大集合と同時に観光客大集合となるわけですよ。
私も神社の側でお店をさせていただいていますので、恩恵を受けているのです。


が。

近年の出雲大社神迎え祭や、私のお店がある某神社(笑)の神事を見学に来るお客さんの中に、著しく低レベルな人が目立って増えてきています。
まず、神事というのはショーではありません(ショーっぽく演出している神事もあるのかもしれませんがね・・・)。 見学可、という感じでしょうかねぇ。 見学する側は、あくまで、『見せていただく』という立場だということを完全に忘れ、写真不可の時もカシャカシャ携帯で撮る、見えにくい&何を言っているかわからない(聞こえない)と文句を言う、それを声に出す、時には怒鳴る、(神事の)時間がかかりすぎると不満を言う(いつ終わるのか聞いてくる)、人込みを押す等々、笑えるくらい、何しに来とるんじゃボケー!(あら失礼♪)と言いたくなる人が増えています。

おまけに今年は、神在ウィークの最中にゴールデンタイムの全国ネット番組が出雲大社について結構な時間をかけてマニアックな参拝方法を紹介したものですから、大社さんと稲佐の浜の砂浜は荒れに荒れたそうです(知人より報告アリ)。 稲佐の浜のお砂を大社さん本殿後ろの素鵞の社に持っていって云々と聞けば、バケツ一杯持っていくやつもいたりして、なんつーか、アトラクションじゃねーんだよ( ´Д`)y─┛~とあきれるばかりです。。。 ま、そういう人は来年にはすっかり忘れてるんでしょうがね。


山陰に観光に来ていただくのは大変ありがたいことなんですが、神社仏閣への参拝や神事見学の場合は、今一度心を落ち着かせ、神様仏様に失礼のないような参拝をお願いしたいと切に願います。



前々から書こう書こうと思ってたことのひとつに、参拝時の服装と写真撮影のことがあります。
服装はですね、私もGパンで行っちゃうので偉そうなことは言えないし、正式なことは何もわかりません。 熱心な神社の氏子である知人などは「今日は襟のあるシャツじゃないからお参りできない」と言う子もいます。
私の勝手な持論ですが、昇殿参拝はある程度きちんとした服装が望ましいと思いますが、そうじゃなければ普段着でも全然よいと思っています。 しかし例えば極端に肌の出た(男女問わずノースリーブに短パンとか)服や、目がチカチカするような色の服、寝て起きてそのまま来ましたという感じのジャージ(ジャージが悪いとは思いません。運動部の練習の帰りです、というようなジャージや仕事着としての汚れた作業着などは私は好感が持てます。いやなのは『楽だからジャージで来ました』的なジャージ。)など、何しに来とるんじゃボケー!(2度目♪)と思ってしまいます。

写真撮影については、特に禁止されていなければ撮影すればいいとは思います。が、着いていきなりパシャパシャ。よりは、まず参拝をして神様にご挨拶(お賽銭)をしてから「写真撮らせてもらいます♪」と心でお願いしてから撮ればいいのにーと思っています。 なぜかというと・・・。 皆さんはよく知らない人から何の一言もなくいきなり写真撮影されて嬉しいですか???? ・・・そういうことです。 私はお店をしていますが、入店していないのにまず外観を撮影する人、あまり好きではありません。 中には撮影だけして入店なしの人もいますからね。

もうひとつ言わせていただくと、ワンちゃん連れの参拝がぐっと増えています。 これは事前に神社さんに確認を取るべきですよ。 本来、あまりよろしくない行為だと思います。 だって、あなたのわんちゃん、絶対に境内でオシッコしないと約束できますか?
キャリーに入っていればOKという所は多いかと思います。


ああ、今日は長年言いたかった主張を書けて、私はスッキリしました(笑)

この間の『7ルール』に管理栄養士さんが出てました!

まず最初に説明しておきます。 なんで管理栄養士?と思うかもしれませんが、私は15年程度管理栄養士として働いてきました。

まぁ色々あって離職して10年が経ちましたので、そろそろ俯瞰で管理栄養士のことを語れるかなぁと思った次第です。
ここを読む人もほとんどいないので気軽に(笑)思ったことを書こうと思います^^

*****

録画機器にキーワードを登録しておくと勝手に番組録画してくれるんですが、それに『7ルール』が引っかかってたんですね。
管理栄養士がキーワード・・・・ではなく、≪浅田真央≫で引っかかってました^^

その方はアスリート専門の管理栄養士さんで、スポーツジムにお勤めでした。真央ちゃんや錦織圭くんやオリンピック選手を担当するくらいですので、日本でもトップクラスのジムなのでしょう。
まず見た目がお綺麗でした(笑) 近年、管理栄養士さんもお綺麗な方がメディアに出ていますが、一昔前の管理栄養士の(私の)イメージは、ちょっと年配かちょっとモサいかちょっとずんぐりむっくりかちょっとギスギスしているかのどれかでした。

管理栄養士になったいきさつを語っていましたが、一旦大手食品会社に入った後、思うことがあって専門学校に通って管理栄養士免許を取得したそうです。 なるほど、だからちょっと目線が違うなぁと感じました。

医療系専門職にありがちなんですが、その道の専門分野には王道アプローチというものがあります。 ドクターで言えば、こうこうこういう病気はこれが原因でして、これかこれという治療方法がありますが、あなたの血液データから見てこの治療が最適です。という感じ。 それがすんなりできる患者さんなら問題はないのですが、世の中には色々な事情を抱える人が沢山いて、その最適な治療方法が実際難しくてできそうにない、ということも結構あります。 医療分野はそんな時「その事情と命とどちらが大事ですか」という感じで、結構強引に最適な方法を押し通します。実際それが最適なんだから、よかれと思ってです。 で、最悪治療離脱ということもあるんですよね。

この方はそういう一種横暴な強引さがなく、且つ結果を出しているということで、名だたるアスリートさん達から信頼を得ていらっしゃった。 結果というのがですね、食事というものはすぐにデータ的結果が出ないというジレンマがありましてですね、私もそれで随分落ち込んだことがありました。この方の結果というのは、まず彩りよく見た目がいい、食べたい食材を取り入れる、(これは想像ですが)味がいい、難しくない(日々の食事を写真で撮りそれを栄養計算しているようで、相談者さんの負担は少ない)、存在が安心する(管理されてる感がなく寄り添われている感がある)等が考えられます。

そういう短期的結果が出るから長く持続でき、そしてデータ的結果(アスリートなら身体的向上とか記録が更新するとか)にもつながるのでしょう。 管理栄養士の理想的な取り組みです。取り上げていただき、管理栄養士の印象がよくなったんじゃないかなーとちょっと嬉しく感じました^^

一点、管理栄養士を目指したきっかけエピソードの中で「秘書をしていた会長が入院していた際の病院食が、彩り悪く味も同じようなものばかりと感じたから」と言っておられました。 病院食ディスられてる・・・・・・。

その時の病院食を実際見ていないし味もわからないのでなんとも言えません。 が、病院栄養士だったので言わせてもらうと、そう感じたのなら病院栄養士となって改善して欲しかったなぁと。 まあ色々言いたいことはありますが、言い訳をするなと言われそうなので(笑)自粛します^^

ま、ひとつだけ言わせてもらうと(言うんかいッ!)、もう亡くなった叔父が私がいる病院に入院した時の事。 1か月くらいいたんですかねぇ、「最初は味が全然なくて(塩分制限食だった)まずかったけど、1週間経ったら味もわかってきて便通もよくなった。すごいなぁ管理栄養士は」と言ってくれました。 叔父は諸事情で家食はスーパーで買ってきた惣菜とか刺身とかばかり食べていたものですから、塩分制限食(といっても1日7g)も野菜たっぷりの食事も経験がなかったんですね。

豪華な私立病院以外では、病院食の原価は驚くほど抑えられています。人件費もしかりです。その中で、栄養計算通りに、何十種類の治療食を作り、当然個別対応もできる限りしています。 お金さえかければできることはいくらでもあります。 結局言い訳をしてしまいましたが(テヘ♪) ディスるなら中からディスれ、と思いました(病院食がまずかったから病院栄養士になって彩りよく美味しいのに変えたぜ!とね)。

米子鬼太郎空港

島根県にはなんと空港が3つもありますッ! 『出雲縁結び空港』 『萩・石見空港』 『隠岐空港』 です。人口が少ないのに3つも?と思われるかもしれませんが、島根県は東西に長く、新幹線も通っていません。隠岐は島ですし、これは必然と考えていただきたいですねー。

そして鳥取県は日本一人口が少ない件ですが、空港は2つありますよー。『鳥取砂丘コナン空港』 『米子鬼太郎空港』です。 なんと両方アニメの名前入りです(笑)
2018-07-17-14-47-25.jpg

うちの家からも職場からも米子鬼太郎空港はとても近いんですよー。
ちなみに島根県松江市からは出雲縁結び空港(日本航空・FDA)も米子鬼太郎空港(ANA・AIR SOUL・香港航空)も車で30分くらいで行けますので恵まれてますね。
2018-07-17-14-47-14.jpg
空港内は鬼太郎だらけで楽しいですよ^^
今年度から新シリーズの『ゲゲゲの鬼太郎』アニメが放映されている効果か、境港の水木しげるロードはまた来客数が伸びているそうです。ロードのリニューアルも7月に完成し、夜も楽しめるようになりました。が、あまりに暑いのでまだ行ってません(笑)
ちなみに鬼太郎空港は米子となっていますが、正確には境港市にあります。東京ディズニーランドと一緒の現象ですねw

古代ハス

いやあ、普通に生活しているんですがねぇ。Facebookやら店のブログに気を取られていてなかなかこっちは。。。(;´Д`)

しかし久しぶりに家族全員で出かけてきましたのでご報告です^^

2018-06-27-11-34-48.jpg

2018-06-27-11-34-37.jpg

2018-06-27-11-34-17.jpg

【荒神谷遺跡】 出雲市斐川町にありまして、博物館や公園が整備されています。
何がすごいって、何の目印もない山の中から(農道整備中に)弥生時代の銅剣・銅鐸・銅矛が一か所から大量に出土した場所なのです。銅剣に至っては358本ですよ? それまで日本で見つかっていた銅剣の総数を上回る数だというから驚きです。

2018-06-27-11-25-01.jpg


それまで出雲地方は、神話に出てくる地名ではあるけれども実際弥生時代には進んだ国ではなかったのだろうというのが有識者の見解でした。なぜなら何も証拠がなかったから。 それがこの銅剣・銅鐸・銅矛の出土でひっくり返ってしまいました。
そして、青銅器についても、九州地方は銅矛、畿内地方は銅鐸、という風な分布図がありました。 同じ個所から大量に出ることはほとんどなかったからさあ大変! 未だにその分布図を出している本もありますが、多分ここから出た青銅器の説明がつかないのでしょうね。

とにかく、この驚きの発見で出雲地方はやはり神話に沿った先進地であったという見解に変わってきました。 それほどすごい場所なんですよここは!(あ、熱くなってしまいました。。。) 地名もですね、神の庭と書いて『神庭(かんば)』と言います。 出雲地区に住む私たちにとってもここの辺りは何もない山の中という認識なのですが(だから農道を作ろうということになった)、古代は神の庭だったのですね。
ちなみに本物の銅剣達は出雲大社となりの『古代出雲歴史博物館』に展示されています。


あ、古代ハスのことを忘れていましたw

2018-06-27-11-21-32.jpg

2018-06-27-11-26-52.jpg

2018-06-27-11-20-36.jpg

2018-06-27-11-17-20.jpg

この公園が整備されてから、古代ハスの種?から古代ハスを復元させよう、という取り組みがありまして、すっかり古代ハスも増えて毎年この季節にはハス祭りが開催されます。

******

さて、私はすごくこの場所が好きなので機会があるとよく出かけているのですが、そもそも行きたくなるのが春かこのハスの季節ということもあるんでしょうが、十中八九、青大将に出くわします( ゚Д゚) 今回もハスの畑?にずりずり帰られる所に遭遇しました。

蛇というのは神様と深い関係があるそうで、ちょっとうまく説明はできませんが、まぁよく来たなと歓迎されているんじゃないかなと自分を納得させています(でもやっぱり蛇は怖いので超驚きますが・・・)。

青大将は噛むことはないらしいですし、仮に噛まれても毒はないですので安心してください(笑)

Appendix

ブログ内検索

きてくださった数v(^o^)v

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

マッキー55

Author:マッキー55
山陰(鳥取・島根)をうろちょろする山陰女です!
ちょっとずつ山陰を紹介できたらなーと思います♪
それとネコを飼い始めたのでネコネタが多くなってます。

このブサイクなくまのぬいぐるみは私の手作りなんざんす。
今ではネコの獲物と化し、首元を中心に全身ずたずたです・・・。

最近の記事

月別アーカイブ